文化部長屋自治会規則

平成27年11月3日発議
発議者:評議長岡村聡

第一章 総則

第一条【自治会の定義】
文化部長屋自治会は、文化部長屋内に部室を有する全ての部によって構成され、各構成部が損害を被ることがないようその総意に基づいて長屋の秩序を保つ、文化部長屋唯一の意思決定機関である。
〈補則〉
現在の自治会は数学研究部、地理歴史研究部、ESS、鉄道研究部、アマチュア無線研究部、囲碁部、将棋部、物理研究部、クラシック研究部により構成される。

第二条【選出】
自治会員は各構成部から、部長(責任者)と部員一人の計二名ずつ選出される。部長(責任者)でない部員のうち自治会員となる生徒は、各部の承認の下部長が任命する。

第三条【任期】
自治会員の任期は、各部の部長の任期と一致させることとし、変更の際は臨時自治会においてそれを告知する。また、役員の任期は生徒会中央役員の任期と一致させることとする。

第二章 役員

第四条【役員の構成】
役員は次の通りとする。
1.会長 1名
2.副会長 1名
3.書記 2名

第五条【会長及び副会長の選挙】
各構成部の部長は、会長及び副会長の選挙権及び被選挙権を有する。

第六条【会長の任務】
会長は自治会の秩序を保持し、議事を整理し、自治会を代表する。

第七条【副会長の任務】
副会長は会長を補佐し、その任務を必要な場合代行する。

第八条【書記の任命及び罷免】
書記は、会員から自治会の同意を得て会長が任命し、又は罷免する。

第九条【会長・副会長の罷免】
会長・副会長に対し、全構成部の3分の2の不信任署名が集まった場合、会長・副会長は罷免される。

第十条【会長及び副会長の兼任制限】
1.会長及び副会長は、他の役員と兼任することはできない。
2.同じ部に所属する会員が、会長と副会長を兼任することはできない。

第十一条【役員の辞任】
会長以外の役員は会長に辞表を提出して、辞任することができる。また、会長は副会長に辞表を提出して辞任することができる。

第十二条【役員がない場合】
役員がない場合すぐにその選挙又は任命を行う。但し、会長がない場合は副会長が会長の職務を行う。

第十三条【人事異動の報告義務】
自治会は、役員に変更があった際にはその日から起算して三登校日以内に生徒会長へ報告する義務を有する。

第三章 事務

第十四条【議事録】
議事録は、自治会での発言を記録しこれを永久保存しなければならない。議事録の作成は、書記が担当する。

第十五条【報告】
自治会は招集される毎に自治会の概要を生徒会長に報告しなければならない。これには審議経過などを載せ書記がその執筆を担当し、自治会長がこれを提出する。

第十六条【許可】
本規則に定める手段に基づき、自治会にて決議された全ての事項は、自治会の総意に基づいた正式な表決とする。生徒会長がその履行を却下した場合は、その正当な理由を書面において通告する義務を有する。自治会側がこれを再度不服とした場合は、評議会へと請願を提出することが出来る。

第十七条【名簿】
自治会は、役員及び全ての会員の名簿を発行しなければならない。

第四章自治会

第十八条【自治会の権限】
自治会の意思決定権が及ぶ範囲は以下の各号とする。
1.【活動領域割り当て】文化部長屋内における、部室外の活動領域での活動場所を割り当て・決定し、生徒会長に許可を要請する。
2.【全校生徒が有する利用権】現行の自治会構成部以外の各部、及び一般生徒による以下の各号に定める活動領域の利用を要請された場合には、自治会長の判断により利用の詳細を決定し、生徒会長に許可を要請する。
イ.文化部長屋セミナー室
ロ.文化部セミナー室
3.【活動領域利用の申請】
生徒会員は、以下の各号に定める内容を明記した上で文化部長屋自治会に、第二項に定める活動領域の利用を申請することが出来る。申請が行われた場合、自治会長の判断により利用の詳細を決定し、生徒会長及び自治会長の署名した活動領域使用許可書を発行した上で利用を認める。
イ.グループ名及び代表者氏名
ロ.用途
ハ.日時

第十九条【会員による議題の発議】
会員は自治会において、独自に発議することができる。

第二十条【中央委員による議題の提出】
中央委員はそれぞれ自治会に、文化部部室の運営その他に関わる議題を提出することができる。

第二十一条【代理人出席】
各部の自治会員が自治会に出席できない場合は、予め自治会長または副会長に申し出た時に限り代理人出席を認める。

第二十二条【招集の要求】
自治会員又は評議会又は中央委員が自治会の開催を要求した場合、会長はその日の翌日から起算して五登校日以内に自治会を招集しなければならない。

第二十三条【招集の日時】
自治会招集の日時は会長が定める。

第二十四条【招集の通知】
自治会を招集する場合、会長は前日までに自治会の開催を全自治会員・生徒会長に知らせなければならない。

第二十五条【特別自治会】
自治会の特別会では会長その他の役員を選出する。

第二十六条【議事の公開】
自治会はこれを公開で行わなければならない。

第二十七条【発言権】
自治会以外の生徒会員は自治会や会長の要請がなければ、発言することはできない。

第二十八条【表決】
各構成部の代表者が欠席の場合、当該の部は棄権とし、出席した部の代表者による全会一致とする。全構成部のうちの半数の出席がない場合、表決は行わない。

第五章 本規則

第二十九条【本規則改正の請願】
本規則の改正案は、第二十八条に定める意思決定の過程を経て可決され、文化部長屋自治会規則改正案として評議長へ提出される。評議長は、これを評議会へと発議する義務を負う。

附則

第一条【施行期日】
本規則は公布と同時に施行する。

このページのトップへ戻る