第59代生徒会長 吉川慶彦 退任挨拶

第59代生徒会長 吉川慶彦 2011年 7月 1日

こんにちは。前生徒会長のキチカワです。もう「生徒会長のキチカワです」っていう自己紹介も出来なくなるかと思うと無性に寂しいです。

さて、生徒会、とくに生徒会長という仕事は思った以上に曲者でした。だって「別に生徒会って必要なくない?」

でも、一年間やってみて感じたことがあります。必要ないからこそ、仕事が決まってないからこそ、それがこの役職の、生徒会の最大の魅力なんじゃないでしょうか。そう思って僕は一年間、全校生徒の無言のネタフリに全力で応えようともがき続けました。その結果として、なんとか「成果」と呼べるようなものがあるので挙げときます。

  • ①委員会の再編…PT制を導入し、やる気重視の体制が作れたかなと思います
  • ②交流活動…JUDO交流、灘×開成討論会、関西生徒会連盟再始動などなど分かりやすい成果です。新しく連絡を取るようになった学校も沢山あります、ありがとうございます。

もちろん、行事ごとの挨拶など、生徒会長としての基本的な仕事が一番重要だ、ということも言っておきます。

最後に。この一年間、幸いにしていろんな方と話す機会がありました。その度に「勉強せねば」と思わされっぱなしで、価値観も随分と変わりましたが、一つだけキッパリと断言できることがあります。

生徒会長やって良かったです!!これはほんとに。みなさんにもお勧めします(笑)

そしてこの気持ちはみなさんの温かい支えがなければ、決して抱くことが出来なかったものです。ほんっとにお世話になりました。ありがとうございました!

一覧へ戻る