新聞委員会・補助機関

新聞委員会・補助機関構造図

新聞委員会

 

新聞委員会は評議会・中央委員会と並び、三権分立の一端をなす機関として、言論活動の傍ら、他の二機関の監視の役割も果たしています。

主な仕事は『灘校新聞』を発行することで、『灘校新聞』には、行事の案内やクラブの戦績報告、論説など幅広い内容の記事が載り、生徒全員に配られます。


補助機関

補助機関は、評議会と中央委員会を補佐する機関で、HR委員会・放送委員会・WEB委員会の三つの委員会がこの役割を担います。ではその委員会を御紹介します。

HR委員会

 

毎週木曜日の七時間目に行われるホームルーム(以下HR)ですることを決定するために作られた委員会です。各クラスからは二人ずつHR委員が選出され、配布物をとりにいきます。

現在は各クラスによってHRでやることは違うので、委員会としての具体的な活動はなされていません。

放送委員会

 

放送委員は、校内放送はもちろん、体育祭の司会進行や文化祭の各種放送、学芸祭や甲南定期戦、卒業式の音響関係の仕事まで担当し、いろいろな行事に大きく関わることができます。

WEB委員会

 

灘校の生徒会ホームページを運営する委員会ですが、生徒会内のコンピュータシステムの管理や、サーバーシステムの管理・開発も行っています。